◆カレンダー

2017年8月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
旧齋藤家別邸

旧齋藤家別邸

新潟市中央区
西大畑町576番地
行形亭(いきなりや)隣

☎025-210-8350

※専用駐車場はございません。
できるだけ公共交通機関をご利用ください。
通常、庭園や建築物を広く公開しておりますが、天候や管理上の都合により公開や入場を一部制限する場合があります。
誠に申し訳ございませんがご協力をお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

燕喜館=かつての齋藤家本邸の一部を白山公園内に移築再建。

 

旧小澤家住宅=みなとまち新潟を支えた商家の佇まい。

 

日本料理行形亭・当館・北方文化博物館新潟分館のお食事・見学パック

 

古くてアートな西大畑・旭町界隈のご案内

 

新潟市公式観光情報サイト

 

RSSFEEDRSSFEED

最新情報

イベント

良寛と越後の文化

良寛のサムネイル

概要
一般公開5周年を記念し、7月9日限定で齋藤喜十郎旧蔵の良寛遺墨が特別に里帰りいたします。
良寛を始め、江戸・明治・大正時代の新潟や三条は、全国でも屈指の文人を数多く輩出してきました。
湊町や城下町、農山村に高い文化力を誇った越後にまつわる書画や工芸品を展示します。
会期
2017年 7月7日(金)~7月30日(日)
企画展概要
企画展会場の旧齋藤家別邸土蔵では五十嵐浚明や長谷川嵐渓、相馬御風、斎藤三郎、宮柊二など越後の名だたる文人たちの作品がお目見えします。掛軸や書籍、文物など越後の文化力を物語る品々です。

会期中、1階大広間は展示替えがこざいます。
7月7日(金)〜7月13日(木):村山半牧「竹林書屋図」
※7月9日(日)を除く
7月14日(金)〜7月21日(金):下村観山「良寛」
7月22日(土)〜7月30日(日):五十嵐竹沙「高士喫茶図」
齋藤家旧蔵 良寛遺墨 特別展示
日時
7月9日(日)
会場
旧齋藤家別邸 1階大広間
概要
齋藤喜十郎が所蔵していた良寛筆の漢詩作品(掛軸)が、良寛と齋藤家の故郷・新潟に里帰りし、7月9日の1日限りで公開されます。良寛が愛した漢詩が流麗な筆蹟で表わされています。
関連イベント 記念講演会
名称
良寛と越後の文化
日時
7月9日(日) 13:00~15:30
講師
小島正芳(全国良寛会副会長)
会場
旧齋藤家別邸 1階大広間
参加費
無料(要観覧料)
定員
50名(要事前申込)
申込方法
旧齋藤家別邸(025-210-8350)
備考
この日、床の間に掛けられた旧蔵の良寛遺墨の解説もございます
関連イベント 小川流煎茶会
名称
小川流煎茶会 冷淹席/香煎
日時
7月9日(日) 10:00~16:00
協力
小川流煎茶
会場
旧齋藤家別邸 西の間・2階広間
茶席券
2,000円(観覧料込)
お問合わせ
旧齋藤家別邸(025-210-8350)
または小川流煎茶(090―3145―7406)まで
備考
※茶席券の販売は6月15日(木)からとなります。
行形亭 良寛ミニ会席とお屋敷めぐり
概要
行形亭所蔵の良寛作品が特別展示されたお座敷でのお食事プランです。
日時
7月8日(日)~ 7月15日(土)
11:30~14:00
※7月10日(日)を除く)
会場
行形亭 (日によってお座敷は異なります)
定員
40名(お一人様からのご予約も可)
料金
5,500円(旧齋藤家別邸・北方文化博物館 新潟分館の観覧券付)
ご予約
行形亭(025-223-1188)
備考
7月9日(日)15日(土)のみ、越佐文化人会代表 新潟大教授 岡村鉄琴先生による特別講演を行います。
11時30分~ 講演会 12時~ お食事
※9日,15日の2日間は、他のお時間はご予約頂けません。ご了承ください。
北方文化博物館新潟分館 良寛和歌掛軸を茶室にて特別展示
概要
「良寛禅師和歌三首」を通常非公開の茶室「清行庵」にて特別展示します。
本作は會津八一が箱書きをしたためたもので、「観於清行庵」と記されています。また「清行庵」は八一が良寛の書「清行」に拠って命名したといわれる茶室です。
日時
7月15日(土)10:00~16:00
会場
北方文化博物館新潟分館 清行庵
観覧料
一般450円 小中学生200円

旧齋藤家別邸のあゆみ展

旧齋藤家別邸のあゆみ展チラシ【校了】のサムネイル

概要
旧齋藤家別邸は平成24年6月9日に一般公開を開始し、今年で5周年を迎えます。
公有化から公開に向けた整備工事、開館から現在に至るまでのあゆみをパネルでご紹介します。
会期
2017年 6月9日(金)~7月2日(日)
関連イベント① まちあるき
名称
新潟シティガイドと巡る別邸と本宅
概要
明治から昭和にかけて活躍した豪商 齋藤家のゆかりの場所を新潟シティガイドと巡ります。 旧齋藤家別邸をスタートし、本宅の一部である燕喜館、本宅があった東堀通7番町まで歩くまちあるきコースです。
日時
6月10日(土) 13:00~15:30
集合場所
旧齋藤家別邸 まちあるき交流スペース
参加費
500円
定員
20名(要予約)
申込方法
旧齋藤家別邸(025-210-8350)
備考
※解散場所は、東堀 パーク600を予定。西堀地下駐車場をご利用の方には60分無料券をお渡しします。
※本イベントには、旧齋藤家別邸の観覧は含まれません。観覧ご希望の方はイベントの前後にお願いします。
※悪天候時は中止となる場合があります。
関連イベント② 記念講演会
名称
「旧齋藤家別邸の建物 ー近代和風建築の見方と使い方ー 」
講師
金出ミチル(長岡造形大学非常勤講師、旧齋藤氏別邸庭園保存活用計画検討委員)
日時
6月11日(日) 13:00~14:00
参加費
無料
定員
50名(要予約)
申込方法
旧齋藤家別邸(025-210-8350)
備考
※講演会後、講師と館内を巡ります

大工道具が語る数寄屋の美と技

企画展名
新潟市旧齋藤家別邸 一般公開5周年特別企画展
大工道具が語る数寄屋の美と技
会期
平成29年4月28日(金)から平成29年5月28日(日)
会場
新潟市旧齋藤家別邸 東の間および土蔵
開館時間
午前9時30分から午後6時まで
休館日
平成29年5月8日(月)
平成29年5月15日(月)
平成29年5月22日(月)
概要
近代の新潟を代表する豪商の別荘、旧齋藤家別邸は「庭屋一如」、つまり庭園と建物を一体のものと考え、室内から庭園への眺めが楽しめるよう随所に工夫がなされた近代数寄屋建築です。
主屋を造った大工の名前は残されていませんが、相当な技能を持った数寄屋大工であっただろうと思われます。
本展では数寄屋大工が持つ独自の技術と美意識について、大工道具を通してご紹介します。
(※数寄屋とは茶室風の様式を取り入れた質素ながらも洗練された建築のこと)
料金
特別企画展(観覧料含む) 一般600円 小中学生400円
※20名様以上団体料金 一般540円 小中学生380円
※土・日・祝日は小中学生 300円
※障がい者手帳・療育手帳をお持ちの方及び一部介助者は一般300円
※観光循環バス1日乗車券ご利用の方(要チケット提示)一般540円
※みなとまち豪商の館めぐり(旧小沢家住宅との共通観覧券)旧小澤家住宅および西大畑 お屋敷めぐりチケット(北方文化博物館 新潟分館との共通観覧券)、白壁パックご利用の方 一般300円
主催
新潟市旧齋藤家別邸
協力 監修
一般財団法人 竹中大工道具館
■ 関連イベント
記念講演会
大工道具の歴史と工匠の知恵
日時 4月30日 13時~
会場 1F大広間
講師 公益財団法人竹中大工道具館 館長 赤尾建蔵
料金 無料
定員 50名(事前申込不要 講演当日9時30分より整理券を配付します)
実演・体験
鉋(カンナ)の薄削り
新潟県長岡市与板地域で全国にその名を轟かせる越後与板打刃物
鍛冶職人の造った道具と技を目の前でご覧いただけます
日時 5月14日 10時~15時(昼休憩有)
講師 舟弘刃物製作所 船津祐司
料金 無料
定員 先着順 事前申込不要
体験
削り華フラワーアート
鉋(カンナ)で薄く削った木を使って華をつくります

日時 5月14日 10時~15時(昼休憩有)
講師 舟弘刃物製作所 船津千代子
料金 500円
定員 材料なくなり次第終了 事前申込不要
class=”aligncenter size-large wp-image-7206″ />