1. HOME
  2. article
  3. 庭と季節と文学2019(春)

庭と季節と文学2019(春)

文学2019春のサムネイル

庭と季節と文学2019(春)~堤中納言物語「虫愛づる姫君」~

概要

四季折々の表情を見せる旧齋藤家別邸の庭園を眺めながら、古典から現代まである文学の中から季節ごとにふさわしい作品を読み解きます。
2019年の春は平安時代後期に成立した「堤中納言物語」の中から、「虫愛づる姫君」というお話を取り上げます。毛虫が大好きという風変わりなお姫様と、それを垣間見た貴公子の出会いが描かれています。

日時

5月25日(土)10:30~12:00

参加費

500円(観覧料込み)

定員

先着20名

●講師紹介
・文芸評論家 若月忠信

関連記事