◆カレンダー

2016年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
旧齋藤家別邸

旧齋藤家別邸

新潟市中央区
西大畑町576番地
行形亭(いきなりや)隣

☎025-210-8350

※専用駐車場はございません。
できるだけ公共交通機関をご利用ください。
通常、庭園や建築物を広く公開しておりますが、天候や管理上の都合により公開や入場を一部制限する場合があります。
誠に申し訳ございませんがご協力をお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

燕喜館=かつての齋藤家本邸の一部を白山公園内に移築再建。

 

旧小澤家住宅=みなとまち新潟を支えた商家の佇まい。

 

日本料理行形亭・当館・北方文化博物館新潟分館のお食事・見学パック

 

古くてアートな西大畑・旭町界隈のご案内

 

新潟市公式観光情報サイト

 

RSSFEEDRSSFEED

最新情報

10月2016

旧齋藤家別邸紅葉ライトアップ2016

齋藤家は新潟三大財閥に数えられた豪商で、大正時代に建てられた主屋は近代和風建築の秀作であり、国指定名勝の庭園は砂丘地形を生かした回遊式で四季折々の景観を楽しむことができます。 11月中旬頃紅葉が見ごろを迎え、開放的な建物から見る庭園は一年の中でも特に必見となります。 また開館時間を延長した庭園ライトアップでは、昼間とは一味違った幻想的な景色が演出されますので、秋の夜長のひと時、みな様お誘いあわせのうえお越しください。
※当初、19日(土)、20日(日)の予定でしたが、紅葉の進み具合により12日(土)13日(日)にも追加でライトアップを行うこととしましたので、是非お越し下さい。   15847709681_eb890833d1_b   8246875396_69018ff4a2_b   003

旧齋藤家別邸 紅葉ライトアップ

日程:2016年11月12日(土)、13日(日)、19日(土)、20日(日) 時間:17時〜20時

料金:一般 ¥300(小中 無料)

注意事項 ※ ライトアップ時間中、庭園散策はできませんのであらかじめご了承ください。 ※ 専用駐車場はございません。できるだけ公共交通機関をご利用ください。 ※ 夜間冷え込むことが予想されますので、暖かい服装でお越しください。

日本庭園・数寄屋造のみかたセミナー 秋・冬

mikataseminar

セミナーA

『感性で楽しむ3つのポイント』

「見逃せないビューポイント」をテーマに、知識が なくても初めて訪れるお庭やお屋敷がグッと楽しく なる鑑賞のツボをお伝えします。

各日同内容、一回完結のセミナーです。 開催日 定員:各回5名様

11月4日(金) 10時~12時30分 12月10日(土) 10時~12時30分

セミナーB

『知識を活かす鑑賞の切り口』

「読み解く、見えないものを観る」をテーマに、持っ ているすべての知識、経験、想像力を活かして楽し む切り口を提案します。

各日同内容、一回完結のセミナーです。 開催日 定員:各回8名様

11月4日(金) 13時30分~16時 12月10日(土) 13時30分~16時

両セミナーとも、座学形式ではなく主屋や庭園を歩いてまわりながら進めます。階段や飛石園路の上り下りがともないます。水や木々のそばを歩きますので、夏場は虫刺され対策をおすすめします。また、庭園・建築に関する知識の体系的な説明や旧齋藤家別邸の詳細なガイドはありません。

講師

講師:藤井 哲郎(庭屋一如研究会 主宰) >>>庭屋一如研究会Facebookページ

参加費・定員・当日の持ち物

参加費:1,300円 当日の持ち物:筆記用具、歩きやすい靴、天候にあわせた服装

>>>チラシダウンロード

お申込みは随時受付けております。

電話:025−210−8350

【新セミナー】必須知識シリーズ

◆ 日本庭園鑑賞の必須知識

今私たちが楽しんでいる庭園鑑賞=「観る」ことは近代になって一般的になったことです。 それまでの庭園は主として「使う」ものでした。 施主はそれぞれ使い方を想定して庭を造らせました。そして、基本的に招かれた客や許された者だけが庭園を楽しむことができました。 この講座では庭園の歴史や様式をたどり、庭園の使い方や視点の変化を学んで、より一層味わい深い庭園鑑賞を可能にします。

≪日時≫ 11月18日(金) 10時30分~ 12月11日(日) 10時30分~

≪内容の一例≫ ・庭の歴史と様式 ・庭屋一如 ・文学、芸能が庭に与えた影響 ・石造物の必須知識     など

◆ 数寄屋造り鑑賞の必須知識

庭園は眺めているだけで癒されるけれど、和風建築をどう見ればよいかわからない、という声をよく聞きます。 この講座では、和風建築の入門書などで説明されていても、読み取りにくいことを中心にお伝えします。 和室のなかで目にふれる部分についてある程度知識を持ち、部屋の主たる用途を果たすためにそれらが組み合わされていることを理解すると、和室が活き活きと見えてきます。

≪日時≫ 11月20日(日) 10時30分~ 12月8日(木)  10時30分~

≪内容の一例≫ ・数寄屋造りに至る歴史的変遷 ・庭屋一如 ・床の間周りの必須知識 ・建具の必須知識     など

講師:藤井哲郎(庭屋一如研究会 主宰)

庭屋一如研究会 Facebookページ https://facebook.com/teiokuichinyo/

参加費 : ¥1,300円(入館料込み、呈茶つき) 定 員 : 各回20名 所要時間: 90 ~ 120 分 持ち物 : 筆記用具、暖かい服装

お申込み・お問合せ 旧齋藤家別邸 025-210-8350

新セミナー 必須知識シリーズ(チラシ)