◆カレンダー

2016年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
旧齋藤家別邸

旧齋藤家別邸

新潟市中央区
西大畑町576番地
行形亭(いきなりや)隣

☎025-210-8350

※専用駐車場はございません。
できるだけ公共交通機関をご利用ください。
通常、庭園や建築物を広く公開しておりますが、天候や管理上の都合により公開や入場を一部制限する場合があります。
誠に申し訳ございませんがご協力をお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

燕喜館=かつての齋藤家本邸の一部を白山公園内に移築再建。

 

旧小澤家住宅=みなとまち新潟を支えた商家の佇まい。

 

日本料理行形亭・当館・北方文化博物館新潟分館のお食事・見学パック

 

古くてアートな西大畑・旭町界隈のご案内

 

新潟市公式観光情報サイト

 

RSSFEEDRSSFEED

最新情報

7月2016

徳川名宝展 茶道具こぼれ話

お茶を愛した殿さまとお道具たちの物語 & お菓子とお抹茶 新潟市美術館で開催中の「天下太平 徳川名宝展」(7月30日(土)から9月25日(日)まで)に関連して、美術館から学芸係長荒井さまをお呼びして旧齋藤家別邸にて、殿さまとお茶道具をめぐるエピソードを聞きながら一服のお茶を味わうセミナーを、実施します ◆ 日時 平成28年8月28日(日) 10時~正午 ◆ 場所 旧齋藤家別邸 西の間 新潟市中央区西大畑町576番地 ◆ プログラム 1 お殿さまとお茶道具のお話 講師 新潟市美術館学芸係長 荒井直美 2 松鼓庵(通常非公開)にて呈茶 ※荒天の場合、会場変更の場合あり ◆ 料金 1,800円 料金の中には、旧齋藤家別邸観覧料、新潟市美術館「徳川名宝展」観覧券、茶菓が含まれます ※美術館観覧券は、未使用に限り徳川名宝展会期中(~9月25日)まで有効です ◆ 定員 30名 ◆ お申し込み 旧斎藤家別邸(025-210-8350)までお申し込みください ※平成28年8月7日 午前 9時30分より受付を開始します。 ※先着順、1組2名様までとさせていただきます 主催 旧齋藤家別邸 協力 新潟市美術館 PDFアイコンチラシダウンロード

新潟湊の繁栄と文化展

~新潟ゆかりの文化人たちと新潟湊繁栄の軌跡~ 江戸時代から明治時代にかけて、湊町として繁栄した新潟とその文化を紹介する展示会です。 北前船をはじめ多くの船の寄港地として、新潟は日本海側の重要な拠点でした。 越後平野が育む豊かな実りと各地の産物が行き交う繁栄の様子が、伝えられてきた品々から窺えます。 船は商品だけにとどまらず、人や文化も運んでいました。 新潟では交易で得た経済力を背景に、文化や芸術も大いに発展を遂げました。 本展覧会では湊の絵図や、新潟ゆかりの画家・五十嵐竹沙など文化人の作品を中心にご紹介いたします。   ◆期間 2016年7月22日(金)~8月19日(金) 9:30~18:00(最終日は15:00) ◆料金 ¥300(入館料) IMG_20032 IMG_20042  

七夕企画「星に願いを~七夕と亀田縞の世界~」

七夕は、古く中国に由来する乞巧奠(きっこうでん)ともいいます。女性たちが機織りの名手であった織女にあやかり、手芸・裁縫の上達を祈る祭りでした。その後に芸事の上達も願うようになったものです。 当館ではこの七夕の故事にならって、新潟市江南区の伝統工芸品であります亀田縞の紹介と体験をご用意しました。亀田縞は藍色を基調とした縞模様の綿織物です。戦後に一度は生産が途絶えましたが、近年に入って職人さんの努力により復活を遂げました。 この機会にぜひ地域や文化に親しみ、少しでも多くの方に亀田縞のことを知っていただければ幸いです。 開催日時 7月1日(金)~7月18日(月) 9:30~18:00(最終日は15:00) ◆料金 展示会 ¥:300(入館料) うちわ作り  ¥:500(できたものはお持ち帰りいただけます) 機織り体験  ¥:無料(期間中の土日祝のみ)   協力/中営機業有限会社     IMG_1850 IMG_1851   _MG_1847